PR

ニュース 社会

北日本で大雨・暴風恐れ 台風10号、北海道接近

 大型の台風10号は日本海を北寄りに進み、17日には温帯低気圧に変わって北海道沿岸に達する見通し。東北や北海道は、暖かく湿った空気が流れ込んで大気の状態が不安定になり、17日にかけて大雨や暴風、大しけの恐れがある。

 気象庁によると、台風10号は16日午後3時現在、北海道・奥尻島の西南西約340キロを時速30キロで北北東に進んだ。中心気圧は980ヘクトパスカル、最大風速は23メートル、最大瞬間風速は35メートル。中心の東側800キロ以内と西側460キロ以内は風速15メートル以上の強風域。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ