PR

ニュース 社会

横浜駅周辺で催涙スプレー 噴射容疑、会社員書類送検

 神奈川県警戸部署は16日、横浜駅西口の商業施設で6月、通行人に催涙スプレーを噴射したとして、暴行容疑で横浜市中区の男性会社員(33)を書類送検した。「近隣住民とトラブルになったことがあり護身用に購入した。効果を試したかった」と容疑を認めている。

 書類送検容疑は6月29日午後5時ごろ、同市西区にある複数の商業施設で、スプレーを複数回使い、男女計24人に吹きかけたとしている。当時、異臭騒ぎで周囲は騒然となった。

 戸部署によると、会社員は翌30日、「インターネットでニュースを見て重大なことをしてしまったと思った」と自首した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ