PR

ニュース 社会

台風10号、JR計画運休で和歌山駅閑散

計画運休などの影響で閑散としたJR和歌山駅=和歌山市
計画運休などの影響で閑散としたJR和歌山駅=和歌山市

 大型の台風10号が日本列島に上陸した15日、和歌山市では、JR和歌山駅がJR西日本による大規模な計画運休のため普段より発着する電車は少なく、本来ならお盆のUターンラッシュで混雑するはずのホームは閑散としていた。

 改札口には計画運休などを告げる掲示板を設置。午後2時半前、この日最後の電車が駅を出発すると、普段は出発時間を次々と告げるホームの電光掲示板は、すべて「調整中」に。

 時折、大きな荷物を抱えて駅を訪れた利用者が駅員に今後の運行予定を尋ねる姿もみられた。

 和歌山県紀の川市の実家に帰省中で、予約していた特急指定席の振り替え手続きに訪れたという石川県野々市市の男子大学生(22)は「駅前ががらんとしていて寂しい感じですね」と話していた。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ