PR

ニュース 社会

としまえんプールで救助の女児が死亡 浮き遊具の下に潜り込む 東京・練馬

子ども向けのプール「ふわふわウォーターランド」(としまえん提供)
子ども向けのプール「ふわふわウォーターランド」(としまえん提供)
その他の写真を見る(1/2枚)

 15日午後2時ごろ、東京都練馬区向山(こうやま)の遊園地「としまえん」のプールで、埼玉県朝霞市仲町、小学3年、森本優佳(ゆうか)さん(8)が水面に設置された遊具の下に潜り込んでいるのを監視員が発見した。森本さんは心肺停止状態で搬送後、死亡が確認された。警視庁練馬署は、溺れたとみて当時の状況を調べている。

 同署などによると、監視員がアトラクション「ふわふわウォーターランド」の定時水中点検で、空気で膨らんだ大きなフロート(浮島)の上で遊ぶ遊具「ビッグアイランド」の下で森本さんを発見し、救助した。

 最大水深は190センチで、身長110センチ以上であれば利用できたが、森本さんでは足の届かない所もあった。ライフジャケットが義務付けられ、森本さんも着用していた。水中に転落後、遊具の下に潜り込んで溺れた可能性がある。

 15日は監視員が7人おり、常時プールサイドから様子を見ていたという。正午と午後2時には水中を確認する定時点検があり、午後2時の点検で見つかった。森本さんは両親、妹(1)と訪れていた。

 事故当時、としまえんのプールは同アトラクションの利用者を含め、約3800人の来場者があったが、特に混雑はしていなかったという。事故を受け、としまえんは当面、同アトラクションを閉鎖する。

 この日は夜間イベント「ナイトプール」の実施を中止した。16日はプール営業を中止する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ