PR

ニュース 社会

放牧中の寒立馬に蹴られ男児負傷か 青森・下北半島の尻屋崎

 青森県東通(ひがしどおり)村の下北半島国定公園に指定されている尻屋崎(しりやざき)で、旅行で訪れていた千葉県の男児(5)が放牧中の寒立馬(かんだちめ)に蹴られたとみられるけがをしていたことが15日、県警への取材で分かった。

 県警むつ署などによると、男児が負傷したのは14日午前9時半ごろ。家族と訪れており、悲鳴を聞いた父親や公園関係者が駆け付けると、男児がうずくまっていた。腹や顔に打撲などがあり、病院で治療を受けた。

 東通村によると、寒立馬は県指定の天然記念物で同公園に22頭が放牧されているが、警戒心が強いという。村は看板などを設置して注意を呼びかけている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ