PR

ニュース 社会

台風10号、西日本縦断 お盆直撃1人死亡49人負傷

台風10号の影響で防波堤に押し寄せる波=15日午前、和歌山県田辺市
台風10号の影響で防波堤に押し寄せる波=15日午前、和歌山県田辺市
その他の写真を見る(1/2枚)

 大型の台風10号は15日午後3時ごろ、広島県呉市付近に上陸し、夜には山陰沖に進んで西日本を縦断した。広島県では、船の係留作業中の男性(82)が海に落ちて死亡。共同通信の取材や総務省消防庁のまとめで負傷者は岡山など13府県で49人に上った。避難所に身を寄せた人は一時少なくとも7000人を超えた。台風はお盆休みのUターンラッシュを直撃。山陽新幹線が計画運休し、四国のJR全線も終日運休するなど大きな乱れが生じた。

 16日にかけて台風本体や周辺の雨雲の影響で西日本から東日本の太平洋側を中心に大雨が続くため、気象庁は土砂災害や浸水、河川の増水・氾濫に引き続き警戒を呼びかけている。

 JR西日本は山陽新幹線新大阪-小倉間で15日終日の計画運休を実施。岡山、広島、山口各県で在来線の運転を見合わせた。JR四国も瀬戸大橋線を含む四国のJR全線で終日運休。日航と全日空は計約480便を欠航した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ