PR

ニュース 社会

パイロットの飲酒不祥事「意識低い」と国交相

石井啓一国土交通相(春名中撮影)
石井啓一国土交通相(春名中撮影)

 石井啓一国土交通相は15日の閣議後記者会見で、日航とスターフライヤーの副操縦士からアルコールが検出されたことに関し「飲酒問題への意識が低いと言わざるを得ない」と批判した。日航には昨年12月、事業改善命令を出しているとして「再発防止に取り組むさなかで極めて遺憾だ」と述べた。

 アルコール検出は、日航では10日の鹿児島発羽田行き、スターフライヤーでは11日の北九州発台北行きで発覚。副操縦士はいずれも交代となり、台北行きは出発が約20分遅れた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ