PR

ニュース 社会

出産女児の遺体放置疑い 22歳母親を逮捕 青森

 出産した女児の遺体を自宅トイレのタンク内に放置したとして青森県警は15日、死体遺棄の疑いで、無職の小鹿夏澄海容疑者(22)を逮捕した。

 逮捕容疑は2月11日~3月1日頃、出産した女児の遺体を、当時住んでいた青森県今別町大川平の自宅トイレのタンク内に放置したとしている。

 県警によると、女児は身長約48センチ、体重約2100グラムだった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ