PR

ニュース 社会

台風10号の増水で18人孤立 全員無事 大分の渓谷

 台風10号の雨による川の増水で大分県玖珠町(くすまち)・大谷渓谷の観光客18人が孤立し、県警と地元消防は15日、40人態勢で救出活動を行い、午前8時5分ごろ、救助隊が現場で合流し18人全員の無事を確認した。けが人や体調不良を訴えている人はいないが、容体を確かめるため順次救急車で搬送した。

 県などによると、18人は同じグループで、車6台で佐賀県からバーベキューに訪れたとの情報がある。乳児から40代とみられ、11人が未成年。14日午後4時35分ごろ「車が水没して動けなくなった」と119番通報があった。川から少し離れた小高い場所に避難し、持参したテントなどで一夜を明かしたとみられる。

 14日の救出活動は増水の影響もあって現場に到着できず、15日午前2時に中断していた。大分地方気象台によると、玖珠町では15日も断続的に雨が降った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ