PR

ニュース 社会

日航の副操縦士、酒気検出で交代 スターフライヤーでも

 日航は13日、10日午後4時10分の鹿児島発羽田行き650便に乗務予定だった男性副操縦士(54)からアルコールが検出されたため、交代させたと明らかにした。乗務前のアルコール検査で、呼気1リットル当たり0・09ミリグラムを検出した。今後、処分する方針。運航に遅れはなかった。

 日航は6月から、滞在先では勤務開始の24時間前から禁酒としている。副操縦士は10日未明に日本酒を購入し、出発の約2時間前、誤って飲んだと説明しているが、日航は検出された値とは矛盾があるとみており、詳しく調べている。

 同社は「深くおわびする。飲酒問題がいまだ根絶に至らない実情を重く受け止め、再発防止の徹底を図る」とコメントした。

 一方、スターフライヤー(北九州市)は13日、11日午後の北九州発台北行き801便に乗務予定だった20代の男性副操縦士からアルコールが検出されたために交代させ、出発が21分遅れたと発表した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ