PR

ニュース 社会

保育所詐欺 被告は政界とのパイプ強調、虚実ない交ぜの運営

川崎大資容疑者らが平成29年11月に助成決定を受けた保育所の所在地。開設作業が進んでいる様子はない=7月1日、福岡市中央区(宮野佳幸撮影)
川崎大資容疑者らが平成29年11月に助成決定を受けた保育所の所在地。開設作業が進んでいる様子はない=7月1日、福岡市中央区(宮野佳幸撮影)

 川崎大資(だいし)被告は複数の企業に特定の国会議員とのパイプをアピールし、国の助成金を活用した保育所開設を持ちかけていた。誘いに乗った相手には政治資金パーティー券を買わせ、運営は虚実ない交ぜにする。相手を信じ込ませて助成金をだまし取る巧妙な手口が浮かび上がる。

■「盟友のように」

 「川崎被告と国会議員の先生は盟友のように自然に話していた。前科のある川崎被告の提案は不安だったが、先生がいたので事業参入を決めた」

 保育所を開設したある企業の関係者の男性は3、4年前に川崎被告と参加した企業主導型保育事業の勉強会で、与党の中堅衆院議員を紹介された。かつて「塩田大介」の名前でマンション販売会社「ABCホーム.」の会長を務め、法人税法違反罪で執行猶予付き判決、競売入札妨害罪で実刑判決を受けた川崎被告。関係者によると、「(中堅衆院議員とは)太いパイプがあるのでWIN社の申請は認可を取りやすい」と強調していた。

 政界とのパイプを誇示して企業から信用を集めた川崎被告は、その議員側が主催する複数の政治資金パーティー券について、これまで計約300万円分の購入を関連企業に依頼していた。男性の会社は計約50万円分購入したという。

 福岡市の保育所開設にかかわった内装工事業者も、この議員のパーティー券を計100万円分以上購入した。購入費はWIN社を通じて支払っていたという。この業者は「川崎被告からの依頼で買った。政治家との関係は口説き文句のように言っていた」と明かす。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ