PR

ニュース 社会

包丁突きつけ男性を脅した疑い。簡宿住まいの無職男を逮捕

 男性に包丁を突きつけて脅迫したとして、神奈川県警川崎署は12日、暴力行為等処罰法違反の疑いで、川崎市川崎区南町の無職、高良明秀容疑者(61)を逮捕した。容疑を認めている。

 逮捕容疑は同日午前6時20分ごろ、同町の簡易宿泊所内で、別の利用者の無職男性(66)に対し、包丁を突きつけて脅迫したとしている。

 同署によると、高良容疑者は犯行前、自室で大声で何かを叫ぶなどしていた。同じフロアに住む男性と、もう1人の60代男性が高良容疑者の部屋の前まで行き注意したところ、高良容疑者が包丁を手にドアを開け脅迫してきた。男性が身の危険を感じ、建物の外に出ると高良容疑者は包丁を持ったまま追いかけてきたという。男性はその後、隙を見て簡易宿泊所の中に戻り無事だった。

 60代男性の110番通報で駆けつけた同署員が、男性を見失い、包丁を持ち付近の花壇に腰を下ろしている高良容疑者を発見。身柄を確保した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ