PR

ニュース 社会

台風10号、西日本接近へ お盆休み、大荒れの恐れ

8月12日午前9時現在のひまわり雲画像
8月12日午前9時現在のひまわり雲画像

 大型の台風10号は、日本の南の海上を今後ゆっくりと北上し、15日ごろに西日本に接近し、上陸する恐れがある。お盆休みは大荒れとなる可能性があり、気象庁は警戒を呼び掛けた。

 気象庁によると、台風10号は12日午前0時現在、小笠原諸島・父島の南西約480キロを時速約15キロで西北西に進んだ。中心の気圧は965ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は30メートル、最大瞬間風速は45メートルで中心から半径280キロ以内は風速25メートル以上の暴風となっている。13日にかけて北西へ進み、その後、進路を北寄りに変えながら、強い勢力で列島に近づく見通しだ。

 小笠原諸島では11日夜から12日朝にかけて猛烈なしけとなる見込み。東日本と西日本の太平洋側では、12日午後から台風周辺の暖かく湿った空気が流れ込み、大雨となる恐れがあり、15日ごろにかけて雨量はさらに増えると予想される。土砂災害や河川の増水に注意が必要だ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ