PR

ニュース 社会

酒気帯び運転で追突事故 千葉県船橋市職員を逮捕

 酒気帯び状態で車を運転して、事故を起こしたとして、千葉県警習志野署は11日、自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)と道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、同県船橋市職員の芳澤俊市郎容疑者(42)=八千代市八千代台西=を現行犯逮捕した。同署の調べに「昨日酒を飲んだが抜けたと思った」などと供述しているという。

 逮捕容疑は同日午後2時ごろ、習志野市実籾(みもみ)の県道で酒気を帯びた状態で乗用車を運転し、八千代市の男性会社員(55)が運転する乗用車に追突し、同乗していた男性の妻(47)の首に軽傷を負わせたとしている。

 事故の通報を受けた同署員が駆けつけたところ、芳澤容疑者から酒のにおいがしたため、呼気検査をしたところ、基準値を超えるアルコールを検出した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ