PR

ニュース 社会

神宮外苑花火大会で1人けが 花火が落下して破裂

東京の神宮外苑花火大会で打ち上がる花火と照らし出された新国立競技場(中央)=10日夜
東京の神宮外苑花火大会で打ち上がる花火と照らし出された新国立競技場(中央)=10日夜

 10日午後8時10分ごろ、東京都新宿区の明治神宮外苑を会場とする「神宮外苑花火大会」で、打ち上げ花火1発が上空に上がりきらずに落下して破裂し、飛び散った火花で通行人の男性1人がけがをした。警視庁四谷署によると、男性は軽傷とみられ、詳しい状況を調べている。

 大会実行委員会は、30代の男性が負傷したとみており、火花が右手首に当たったが、救護室で手当てを受け帰宅したという。このトラブルで打ち上げは約5分間中断した。花火が落ちたのは立ち入り禁止区域内だったが、火花は通行人男性がいた区域外まで飛んだという。

 同花火大会のホームページによると、大会は午後7時半から約1時間の予定で打ち上げが行われ、打ち上げ数は1万発。主催者発表では観客ら約33万人が集まった。会場の明治神宮外苑は東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムとなる新国立競技場近く。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ