PR

ニュース 社会

偽の旧札103枚 偽造通貨行使容疑 書類送検

 聖徳太子の肖像がデザインされた偽の旧1万円札103枚を使用したとして、警視庁深川署が偽造通貨行使の疑いで、会社役員の男(41)=東京都千代田区=を書類送検したことが9日、同署への取材で分かった。

 調べに対し、男は「海外で新1万円札との交換をもちかけられた。偽造だと思わなかった」と容疑を否認している。

 書類送検容疑は平成30年9月20日、江東区豊洲にある銀行の出張所で、偽の旧1万円札103枚を口座に入金しようとしたとしている。窓口の行員が偽札だと気付き、通報した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ