PR

ニュース 社会

京アニ放火殺人から3週間 謎多い動機や行動…容疑者聴取めど立たず

青葉真司容疑者
青葉真司容疑者

 京都市伏見区のアニメ制作会社「京都アニメーション」(京アニ、本社・京都府宇治市)の第1スタジオで起きた放火殺人事件から8日で3週間。京都府警は殺人などの容疑で逮捕状を取得した青葉真司容疑者(41)の足取りを調べるとともに、犯行動機の解明を進めている。これまでに京アニとの接点などが徐々に明らかになってきた一方、「本人に聞かないと分からない部分が多い」(捜査関係者)ため、青葉容疑者への取り調べは必須。だが全身やけどで見通しは立っておらず、全容解明には時間がかかりそうだ。

 「実名に関して同姓同名、かつ、記載された住所については報道された一部住所と一致する応募のあった事実が確認されました」

 7月30日、京アニの代理人から報道陣に対し、青葉容疑者と思われる人物から、過去に京アニへ小説の応募があったことを知らせる1通のメールが届いた。

 青葉容疑者については、現場付近で身柄を確保された際に「俺の小説をぱくった」と話していたとの目撃情報があるほか、府警が青葉容疑者の自宅アパートで京アニ関連グッズなどを押収していたが、これで青葉容疑者と京アニ側の接点が初めて浮上してきたことになる。府警は、青葉容疑者と京アニをつなぐ手掛かりとして詳しく調べている。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ