PR

ニュース 社会

母親を殺害 神社の禰宜を逮捕 千葉・松戸

 母親を包丁で刺して殺害したとして、千葉県警松戸署は8日、殺人の疑いで、同県松戸市松戸の松戸神社の禰宜(ねぎ)、常盤暁彦(ときわ・あきひこ)容疑者(38)を逮捕した。調べに対し、容疑を認めているという。

 逮捕容疑は7月22日午後1時ごろ、母親の圭子さん=当時(66)=の自宅で圭子さんの首などを包丁で刺して殺害したとしている。常盤容疑者はその後、自ら首を切ったとみられ、約80メートル離れた神社の境内で倒れているのが見つかった。

 同署は、重傷を負った常盤容疑者が今月8日に回復して退院したことから、逮捕に踏み切った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ