PR

ニュース 社会

「ガソリンは購入せず」 慰安婦像撤去要求の男供述

 国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」で「表現の不自由展・その後」が中止に追い込まれた事件で、威力業務妨害容疑で逮捕されたトラック運転手、堀田修司容疑者(59)=愛知県稲沢市=が「(実際には)ガソリンと携行缶は購入していなかった」と供述していることが8日、捜査関係者への取材で分かった。県警は、いたずら目的だった可能性があるとみて供述の裏付けを急ぐとともに動機を調べる。

 堀田容疑者は2日午前6時半ごろ、不自由展会場だった県美術館(名古屋市東区)宛てに、元慰安婦を象徴した「平和の少女像」について「要らねえだろ史実でもねえ人形展示」と撤去を要求した上で「さもなくばガソリン携行缶を持って館へおじゃまする」などと書いたファクス1枚を送信し、不自由展を中止させた疑いが持たれている。

 県などでつくる芸術祭の実行委員会は3日、「安全な運営が危ぶまれる」として中止を決め、6日に県警に被害届を提出した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ