PR

ニュース 社会

猛暑影響? 車内のエアコン不調に JR九州の特急

 4日午後1時50分ごろ、JR鹿児島線の久留米駅(福岡県久留米市)近くで、由布院発博多行き特急ゆふいんの森2号(5両編成)のエアコンの効きが悪くなるトラブルがあった。JR九州は猛暑の影響とみている。

 JR九州によると、乗客約200人は、久留米駅と鳥栖駅(佐賀県鳥栖市)で新幹線に乗り換えるなどし、体調不良の訴えはなかったとしている。

 車両床下にあるエアコンの冷却装置が過熱状態になっており、鳥栖駅で水を掛けて冷やすと通常通り作動したという。

 気象庁によると、久留米市では午後1時に気温が35度を超え、午後3時10分には37・4度の最高気温を観測した。

 このトラブルで、博多駅からの折り返し運転も約35分遅れ、計約300人に影響が出た。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ