PR

ニュース 社会

逃走男とかくまった男を覚せい剤取締法違反罪で起訴 横浜地検 

 窃盗罪などで実刑判決が確定し、横浜地検が収容しようとした男が逃走した事件に絡み、同地検は2日、覚せい罪取締法違反罪で無職の小林誠容疑者(43)と建築業、幸地大輔容疑者(38)を起訴した。地検は両被告の認否を明らかにしていない。

 起訴状などによると、両被告は6月上旬ごろから同23日までの間、神奈川県内か、その周辺で覚醒剤を使用したとしている。

 小林被告は同月19日、同県愛川町の自宅で、収容状を持って訪れた検察事務官らに「ふざけんな。早く出ていけ」などと怒鳴り、包丁を振り回して車で逃走。同県内を転々とし、同月23日に同県横須賀市の幸地被告のアパートに潜伏していたところを地検に逮捕された。幸地被告は「覚醒剤が抜けるまで」と小林被告に頼まれ、逃走を手助けしていたとみられる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ