PR

ニュース 社会

京都府警が京アニ犠牲者10人の身元を公表

事件現場を訪れた女性=2日午後、京都市伏見区(渡辺恭晃撮影)
事件現場を訪れた女性=2日午後、京都市伏見区(渡辺恭晃撮影)

 京都市伏見区のアニメ制作会社「京都アニメーション」(京アニ、本社・京都府宇治市)の第1スタジオで起きた放火殺人事件で、京都府警は2日、亡くなった35人のうち、遺族側の了承が得られたとして10人の身元を公表した。事件発生から16日目の公表。府警は「遺族と会社の意向を聞きながら慎重に進めてきた」と説明した。府警は残る25人についても遺族らに理解を求めた上で公表する方針。

 府警が公表したのは、テレビアニメ「らき☆すた」の監督を務めた京アニ取締役、武本康弘さん(47)▽京アニ初のオリジナル作品「MUNTO(ムント)」で監督を務めるなどしたベテランアニメーター、木(き)上(がみ)益(よし)治(じ)さん(61)▽人気アニメ「Free!」の総作画監督、西屋太(ふと)志(し)さん(37)-ら22~61歳の男性6人と女性4人。

 府警は7月18日の事件発生後、DNA型鑑定などで犠牲者の身元の確認を進め、1週間後の25日にはその時点で亡くなっていた34人の身元を全て特定した。府警は並行し、犠牲者の家族や被害者のケアを行う約100人態勢の「被害者支援班」を立ち上げ、遺族へのサポートに当たるとともに、被害者家族や京アニと公表方法についても協議。その結果、遺族の了承を得たとしてこの日、10人の身元公表に至った。一方、府警は公表後、1人の遺族から匿名での報道を希望するとの連絡があったと明らかにした。

 事件は18日午前10時半ごろ発生。府警が殺人などの容疑で逮捕状を取得した青葉真司容疑者(41)が侵入してガソリンをまいた後に爆発が起こり、鉄筋コンクリート3階建てが全焼し、35人が死亡し、33人が負傷。青葉容疑者も全身やけどで治療中で事情が聴けていない。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ