PR

ニュース 社会

オブジェ火災5歳死亡 「責任者追及されず納得できない」 両親がコメント

 東京・明治神宮外苑のイベント会場で平成28年11月、木製オブジェが燃えて、幼稚園の男児=当時(5)=が死亡した火災で、男児の両親は2日、オブジェを展示した日本工業大男子学生2人が重過失致死傷罪で在宅起訴、同大教員ら4人が不起訴処分となったことを受け、代理人弁護士を通じてコメントを発表した。全文は次の通り(原文のまま)。

 

 警察の方々による捜査、検察の判断を待つこの3年近くの間は、明るかった息子の笑顔を思い出す日もあれば、事故当時の状況がどうしても頭から離れず塞ぎ込む日もあり、私たち家族にとって本当に長く辛い毎日でした。

 この度の起訴の結果を受け、学生には起きた事故の事実にきちんと向き合うことを望むと同時に、主催者、大学等の責任者・監督者への責任が追及されないことに、納得することができず、心の整理がつきません。

 それにより息子が犠牲になったこの事故が今後の対策に活かされず、風化されてしまうのではないかという不安と悲しみを覚えています。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ