PR

ニュース 社会

白タク営業で中国人ら2人逮捕 売上げ2000万円か 大阪府警

 中国人観光客らを送迎する無許可のタクシー(白タク)営業を繰り返したとして、大阪府警交通捜査課は1日、道路運送法違反などの疑いで、大阪府八尾市高美町の無職、趙映雪(ちょうえいせつ)(50)=中国籍=と、同居する自営業、萩野宏司(53)の両容疑者を逮捕、送検したと発表した。

 送検容疑は昨年12月から今年7月、タクシー営業の許可を受けずに18回にわたり、59人の中国人観光客らを有償で運送したとしている。いずれも容疑を認めている。

 同課によると、両容疑者は中国のスマートフォンアプリ「皇包車(こうほうしゃ)」などを使って客を集め、平成28年10月ごろから白タクを営業。関西国際空港や大阪市内のホテルへの送迎や、京都や奈良などの観光地を案内するチャーターを格安の値段で請け負っており、総額2000万円ほどの売り上げがあったとみられる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ