PR

ニュース 社会

カードすり替え詐欺盗のマニュアル押収 大阪府警

押収されたキャッシュカードすり替え詐欺盗のマニュアル(大阪府警提供)
押収されたキャッシュカードすり替え詐欺盗のマニュアル(大阪府警提供)

 大阪府警は31日、高齢者の自宅を訪ねてキャッシュカードを見せてもらい、隙をみて偽物とすり替える「カードすり替え詐欺盗」のマニュアルを押収したと発表した。

 府警によると、大阪府東大阪市内の80代女性からカードをだまし取ろうとしたとして、30日に詐欺未遂容疑で住所不定、無職の女(21)を現行犯逮捕。女のスマートフォンを調べたところ、詐欺グループからSNSで送られたとみられるマニュアルを発見した。

 マニュアルでは「○○警察△△の件で伺いました」「早速ですが、封入作業を行わせて頂きます」とセリフを指示。「カラの封筒を出す」「自分でお客様のカードを入れる」などとすり替えの手順を記している。

 カードすり替え詐欺盗は、「あなたのカードが偽造された可能性がある」などと嘘をつき、警察官などを名乗って自宅を訪問。カードを封筒に入れて保管するよう指示し、隙をみてあらかじめ用意していた偽のカード入り封筒とすり替える手口で、被害者がすり替えに気付かず、発覚が遅れることも多い。

 同様の手口は今年に入って急増しており、大阪府内では7月30日現在で195件、盗まれたキャッシュカードで引き出された被害額は約2億4000万円に上る。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ