PR

ニュース 社会

生活保護費を不正受給 詐欺容疑で51歳男を逮捕 神奈川県警

 生活保護費を不正受給したとして、神奈川県警川崎署は31日、詐欺の疑いで、住所不定のアルバイト、海瀬雅彦容疑者(51)を逮捕した。容疑を認めている。

 逮捕容疑は収入があることを隠したまま、平成26年6月から28年2月までの間、複数回にわたって川崎市川崎福祉事務所から生活保護費として現金計約290万円をだまし取ったとしている。

 同署によると、海瀬容疑者は市内に住んでいた25年5月に生活保護を申請。当時は無職だったとみられているが、同年10月から警備員のアルバイトで収入を得ていた。

 29年6月ごろ、同事務所の調査によって不正受給が発覚。同事務所は現金を返還するよう海瀬容疑者に求めたが、その後、連絡が取れなくなっていた。30年12月、同署が同事務所から告訴状を受理し、捜査を進めていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ