PR

ニュース 社会

認知症女性の金引き出しか 訪問介護先、容疑で女逮捕

 警視庁城東署は30日、訪問介護先だった高齢女性のキャッシュカードを使って現金計124万円を引き出したとして、窃盗容疑で東京都葛飾区奥戸の無職、大内美代子容疑者(57)を逮捕した。女性は認知症で、口座から計約1900万円がなくなっており、署が関連を調べている。

 逮捕容疑は平成29年7月~18年4月、江東区内の80代女性のキャッシュカード複数枚を使い、4回にわたり計124万円を引き出したとしている。当時は別の窃盗事件で起訴され、保釈中だった。

 城東署によると、大内容疑者は当時、訪問介護の仕事をしていて女性宅に出入りしていた。女性は家族と暮らしていたが、家族が仕事に出るなどして女性と大内容疑者だけになることもあったという。通帳記入した女性の息子が気付き、発覚した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ