PR

ニュース 社会

拳銃を発砲、重傷負わした疑い 暴力団員ら2人逮捕、1人指名手配 栃木県警

殺人未遂容疑で指名手配された大沢康博容疑者=栃木県警提供
殺人未遂容疑で指名手配された大沢康博容疑者=栃木県警提供

 栃木県栃木市で今月21日、男性が拳銃で撃たれて重傷を負った事件で、県警は29日、殺人未遂の疑いで指定暴力団住吉会系幹部の小松充容疑者(37)=福島県いわき市=と会社員の大沢嵐士(あらし)容疑者(23)=栃木県日光市=を逮捕し、住吉会系組長の大沢康博容疑者(56)=住所不詳=を指名手配したと発表した。

 逮捕容疑は、21日午前2時20分ごろ、栃木市旭町の居酒屋で拳銃を発砲し、男性(46)に重傷を負わせたとしている。県警によると、被害者の男性らのグループが店で飲食しているところに小松容疑者ら3人がやってきてトラブルとなり、発砲したという。金銭トラブルなどがあったとみて経緯を調べている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ