PR

ニュース 社会

「邪魔だ」自転車ですれ違いざまに中学生殴る 傷害容疑で66歳男を逮捕 警視庁

 東京都江戸川区で5月、自転車ですれ違いざまに男子中学生の顔を殴ってけがをさせたとして、警視庁葛西署は傷害容疑で、同区の老人ホーム職員、鹿野幸一容疑者(66)を逮捕した。同署によると、「手のひらに顔が当たっただけ」と容疑を否認している。

 現場周辺では近接する時期にほかにも小学生が暴行を受ける被害があり、同署が関連を調べている。

 逮捕容疑は5月4日夕、同区北葛西の路上で、自転車で帰宅途中の中学2年生の男子生徒(13)と自転車ですれ違う際、「邪魔だ。どけ」などと言って顔を殴り、全治1週間の打撲を負わせたとしている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ