PR

ニュース 社会

熱中症疑いで男性死亡 新潟・燕市、工事誘導員

 26日午後2時15分ごろ、新潟県燕市五千石の工事現場で交通誘導員の男性(53)が倒れていると、作業していたトラック運転手から119番通報があった。男性は病院に運ばれたが死亡。燕・弥彦消防本部などによると、体温が40度近くまで上がっており、熱中症とみられる。

 国土交通省信濃川河川事務所によると、男性は分水路の拡幅工事が行われていた堤防の上の道路で、1人で交通誘導をしていた。新潟地方気象台によると、午後2時ごろの燕市の気温は32・9度だった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ