PR

ニュース 社会

JA元職員3500万横領 共済無断解約、熊本・天草

 JA本渡五和(熊本県天草市)は24日、男性元職員が平成22~28年にかけて顧客の共済を無断で解約するなどし、計3500万円を横領していたと発表した。28年の発覚後、元職員は懲戒免職となった。

 JA本渡五和によると、元職員は当時37歳。共済を扱う部署に在籍していた際、端末を不正に操作し、親族や友人の契約を解約したり減額したりしていた。借金返済や遊興費に充てた。被害者の意向もあり刑事告発はせず、これまで公表もしていなかった。

 JA本渡五和は「組合員や契約者におわびする。再発防止策に取り組んでいる」とコメントした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ