PR

ニュース 社会

京アニ火災 身柄確保の男、周到に準備 計画的犯行か 下見も

その他の写真を見る(1/2枚)

 京都市伏見区のアニメ制作会社「京都アニメーション」(本社・京都府宇治市)のスタジオで18日発生し、従業員ら33人が死亡した放火火災で、京都府警に身柄を確保された男(41)が包丁やガソリン携行缶、台車などを事前にそろえたうえで放火した疑いがあることが19日、捜査関係者への取材で分かった。火災の2日ほど前には付近で男の目撃情報もあり、府警は男が周到に準備し、計画的に犯行に及んだとみて、容体の回復を待って放火や殺人などの疑いで調べる方針。

 男は警察官に確保された際、「小説を盗んだから放火した」という趣旨の供述をしていたという。同社には、数年前から苦情などのメールが届いており、府警は関連についても調べる。

 調べなどでは、火災は18日午前10時半ごろ発生。男が「死ね」と叫んで液体をまいた後に爆発が起こり、鉄筋コンクリート3階建ての延べ約690平方メートルが全焼。33人が死亡し、35人が病院に搬送され、このうち16人が入院した。このほか男も顔や胸などにやけどを負い、病院で治療中。男は埼玉県に居住歴があるといい、府警は、男が回復し次第、事情を聴く方針。

 建物から約5メートル離れた場所からは、複数の未使用とみられる包丁が入ったかばんが見つかったほか、付近からは20リットル入るガソリンの携行缶2つや台車、ハンマーなども見つかった。携行缶の1つは満タンで、もう1つは半分ほど入っていたという。

 近隣住民によると、現場周辺で2日ほど前、男とよく似た人物が現場近くの道を思いつめた表情で往復するのを見かけたといい、府警は男が事前に準備をしたうえで、携行缶にガソリンを入れたうえで現場近くまで台車で運び、別の容器に移し替えてまき散らして火を付けたとみている。

 また、現場近くのガソリンスタンドの従業員が「(火災直前の)午前10時ごろに免許証を提示した40代くらいの男に40リットルのガソリンを売った。不審な様子はなかった」と話しており、府警が調べている。

 京都市消防局は、火災は発生から約20時間後の19日午前6時20分に鎮火したと発表。府警は同日午前、同社スタジオの現場検証を始めた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ