PR

ニュース 社会

保釈後、所在不明の被告2人に 宇都宮地検

 詐欺事件に関わったとして宇都宮地検に起訴された後に保釈された被告が、5月から所在不明になっていることが分かった。12日、同地検が認めた。同地検が起訴した事件で保釈後の所在不明が明らかになったのは2人目で、逃走の可能性が高い。

 新たに所在不明が判明したのは、計約2600万円をだまし取ったとして詐欺などの罪に問われた山本卓磨被告(22)。栃木県警が昨年夏に逮捕し、地検足利支部が計10回、起訴した。2月に保釈が認められたが、5月22日に宇都宮地裁足利支部で予定されていた判決公判に出廷せず、同日、保釈が取り消された。現在も連絡が取れていないという。

 保釈中の逃走をめぐっては、覚せい剤取締法違反(使用、所持)の罪で同地検に起訴された前田寿樹(としき)被告(57)が、6月の保釈後、保釈条件で指定された制限住居から勝手に転居したことが発覚、今月に入り保釈が取り消された。今月10日の宇都宮地裁の初公判に出廷せず、音信不通になっている。現在も所在不明で、制限住居に住む身元引受人の女性とともに逃走しているとみられる。

 同地検などは、それぞれの被告の所在確認を急いでいる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ