PR

ニュース 社会

セブンペイ不正使用事件で3人目逮捕 窃盗容疑で中国人の女 警視庁

被害が広がったセブン-イレブンで使えるスマホのサービス「セブンペイ」の画面
被害が広がったセブン-イレブンで使えるスマホのサービス「セブンペイ」の画面

 セブン-イレブンのスマートフォン決済サービス「7pay(セブンペイ)」の不正使用事件で、警視庁組織犯罪対策特別捜査隊は12日、東京都千代田区のアルバイト先の店舗から電子たばこカートリッジなどを盗んだとして、窃盗の疑いで、中国籍の女で東京都豊島区巣鴨、専門学校生、兪慧霊(ユー・ホイリン)容疑者(21)を逮捕した。

 セブンペイの不正使用事件で、警視庁が逮捕したのは3人目。いずれも中国人で、警視庁は中国の犯罪組織が関与しているとみて捜査している。

 組特隊によると、兪容疑者は3日に中国人の友人から無料通信アプリ「微信(ウィーチャット)」で「お金をあげるからたばこを買うのを手伝ってほしい」と指示を受け、他人の複数のIDとパスワードを受け取った。たばこは宅配便で友人に送る予定だったと供述している。

 逮捕容疑は4日午後10時過ぎから5日午前0時45分にかけて、アルバイトで勤務中のセブン店舗で、都内の40代男性会社員らのIDとパスワードを不正に使い、電子たばこカートリッジ5カートンなど(計約3万2千円)を盗んだとしている。調べに対し、容疑を認めている。

 セブンペイの出金を不審に思った男性会社員から連絡を受けた店側が、警視庁に届け出て発覚した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ