PR

ニュース 社会

北朝鮮ビール、無許可輸入疑い 19歳書類送検

福岡県警が押収した北朝鮮の「大同江ビール」の瓶=11日午後、福岡県警本部
福岡県警が押収した北朝鮮の「大同江ビール」の瓶=11日午後、福岡県警本部

 北朝鮮のビールを無許可で輸入したとして、福岡県警と富山県警の合同捜査本部は11日、外為法違反(無承認輸入)の疑いで、福岡市中央区の無職少年(19)を書類送検した。「インターネットオークションに出品する目的だった」と容疑を認めている。

 書類送検容疑は昨年10月上旬、中国・上海で購入した北朝鮮の「大同江(テドンガン)ビール」の瓶1本をスーツケースに入れ、航空機で佐賀空港に不正に持ち込んだとしている。

 福岡県警によると、少年は日本円約300円相当でビールを購入してネットオークションに出品し、関東地方の30代男性が1万5900円(送料込み)で落札。数年前から他にも、嗜好(しこう)品など北朝鮮の物品を数点ネットオークションに出していたという。

 富山県警のサイバーパトロールで発覚した。日本政府は経済制裁で、北朝鮮を相手とする輸出入を全面禁止しており、輸入には経済産業相の承認が必要。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ