PR

ニュース 社会

トウモロコシ盗んだ奈良県警鑑識課長を書類送検

 奈良県警は11日、酒に酔って畑からトウモロコシ1本を盗んだとして、窃盗の疑いで県警本部鑑識課長の50代の男性警視を書類送検し、戒告処分とした。鑑識課長は同日、依願退職した。

 県警監察課によると、鑑識課長は6月21日午後9時20分ごろ、自宅近くの橿原市内の畑で、トウモロコシ1本(時価100円相当)を盗んだとしている。近隣住民の通報で発覚。鑑識課長は「深く反省している。職を辞して責任を取る」と話したという。

 丸山正吾首席監察官は「県警幹部による県民の信頼を損なう行為で、誠に遺憾。警察職員への指導や監督を徹底し、信頼回復に努める」とコメントした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ