PR

ニュース 社会

東郷証券幹部を金商法違反罪で起訴 顧客の損失補填

林泰宏被告
林泰宏被告

 外国為替証拠金取引(FX)を手掛ける「東郷証券」(東京都港区)が顧客の損失を補填(ほてん)したとされる金融商品取引法違反事件で、東京地検特捜部は10日、同社の実質経営者、林泰宏容疑者(58)=東京都渋谷区=ら3人と法人としての同社を同法違反(損失補填)罪で起訴した。

 他に起訴されたのは先物取引業「さくらインベスト」取締役、上村(かみむら)昌也容疑者(37)=横浜市。東郷証券の野水裕資元代表取締役(57)も在宅起訴された。

 起訴状によると、3被告は共謀し、平成29年10月~今年1月、顧客4人に計約6200万円を提供したほか、林、野水両被告は28年7月~30年12月、別の顧客4人の口座に取引を装って約700万円を入金するなどして損失の穴埋めをしたとしている。

 関係者によると、さくら社は上村被告が代表取締役を務めるシステム開発会社(横浜市)に対して外注費を架空計上。捻出した資金の一部が損失補填の原資に充てられた可能性がある。

 特捜部は林容疑者らが架空発注によって所得を隠し、法人税を免れた可能性もあるとみて法人税法違反罪での立件も視野に資金の流れなどを調べている。

 証券取引等監視委員会は9日、3被告を金商法違反罪で特捜部に告発していた。

 特捜部は林、上村両被告のほか、東郷証券元代表取締役の女性(46)と、さくら社代表取締役の男性(48)も金商法違反容疑で逮捕していたが、この2人は不起訴処分とし、10日釈放された。

 林被告は元プロ野球投手で、昭和54年にドラフト1位指名されて巨人に入団。近鉄、大洋(いずれも当時)と移籍したが、1軍登板はなかった。60年に引退した後は証券業界に転身した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ