PR

ニュース 社会

被害女性、都に賠償求める 刺傷事件「警備怠る」

訴訟の提起後に会見する冨田真由さん(中)=東京・霞が関の司法記者クラブ
訴訟の提起後に会見する冨田真由さん(中)=東京・霞が関の司法記者クラブ
その他の写真を見る(1/2枚)

 東京都小金井市で平成28年5月、音楽活動をしていた冨田真由さんが刺され、一時重体になった事件を巡り、冨田さんと母親が警視庁の対応に不備があったとして、東京都や加害者の男、所属していた芸能事務所に計約7600万円の損害賠償を求めて東京地裁に提訴することが10日、代理人弁護士への取材で分かった。

 弁護士によると、殺人未遂罪などで実刑判決が確定した岩崎友宏受刑者(30)がツイッターやブログに「殺したい」と何度も書き込んでいたため、冨田さんは28年5月、警視庁武蔵野署に相談し、当日のライブの出演予定も伝えていた。

 訴訟では、危険な状態だと訴えたのに、警視庁は会場周辺を警備するなどの対応を怠ったと主張する方針。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ