PR

ニュース 社会

「腕を20回ほど、つねられた」 中2殺害で逮捕の少年 「上下関係ができ始めた」とも

中学2年の男子生徒が同級生を刺して死亡させた事件の現場=6日午前、埼玉県所沢市(内田優作撮影)
中学2年の男子生徒が同級生を刺して死亡させた事件の現場=6日午前、埼玉県所沢市(内田優作撮影)

 埼玉県所沢市の市立中学2年、本郷功太郎さん(13)が刃物で刺されて死亡し、同級生の少年(14)が逮捕された事件で、少年が6月中旬、学校側に「(本郷さんに)5月中旬以降、腕を20回ほどつねられた」と訴えていたことが分かった。所沢市教育委員会が9日夜、記者団に明らかにした。この行為がいじめに当たるかなどについて、第三者委員会を設置して調べる方針だ。

 市教委によると、6月中旬、本郷さんと別の同級生の間で起きたトラブルについて、担任教諭が周囲の同級生を含めて聞き取りをしている中で、少年が訴えてきたという。この際、少年は「本郷さんには言わないでほしい」とも話し、担任教諭は本郷さんに指導することはなかった。

 訴えから2日後、少年は担任教諭に「本郷さんが『やらない』と言ってきた」と伝えてきたという。市教委は本郷さんと少年との間に、これ以外のトラブルについては「把握していない」としている。

 また、少年が本郷さんとの関係について「もともと仲が良かったが、2年生になった頃から関係が悪化し、上下関係ができ始めた」という趣旨の供述をしていることが9日、捜査関係者への取材で分かった。県警は、積み重なった不満が事件につながった可能性もあるとみて、慎重に経緯を調べている。

 市教委によると、2人は小学校時代からの知り合い。中学では同じクラスで仲が良く、部活動も同じ卓球部に所属していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ