PR

ニュース 社会

逃走男の保釈金600万円没取を決定 東京高裁

小林誠被告
小林誠被告

 窃盗罪などで実刑が確定し、横浜地検が収容しようとした無職、小林誠容疑者(43)=犯人蔵匿教唆(ぞうとくきょうさ)容疑で再逮捕=が逃走した事件で、東京高裁は、小林容疑者が納付した保釈保証金600万円の全額没取を決定した。保釈保証金は、窃盗罪で300万円、窃盗と傷害罪で300万円の計600万円だった。

 刑事訴訟法は「保釈された者が判決確定後に逃亡した場合、保証金の全部または一部を没取しなければならない」と規定。東京高検が全額没取を高裁に請求していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ