PR

ニュース 社会

「首相が控訴断念を判断」 菅官房長官、ハンセン病家族訴訟で

会見に臨む菅義偉官房長官=9日午前、首相官邸(春名中撮影)
会見に臨む菅義偉官房長官=9日午前、首相官邸(春名中撮影)

 菅(すが)義偉(よしひで)官房長官は9日午前の記者会見で、熊本地裁で国が敗訴したハンセン病家族訴訟判決をめぐり、安倍晋三首相が控訴しない方針を表明したことについて「法務、厚生労働両大臣から説明を受け、首相が判断した」と述べた。

 菅氏は今回の判決について「(損害賠償請求権の)消滅時効の起算点の判断が極めて特異であるなど法律上重大な問題がある」と指摘した上で「筆舌に尽くしがたい経験をしたご家族の苦労をこれ以上長引かせるわけにはいかないとの思いで、異例だが控訴しないことにした」と説明した。

 菅氏は「法務、厚労両大臣に、その(首相が打ち出した)方針に沿って検討するよう指示した」とも語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ