PR

ニュース 社会

「パワハラ事実ない」 北大学長が反論コメント

職員へのパワハラ疑惑が浮上した北海道大の名和豊春学長(同大HPより)
職員へのパワハラ疑惑が浮上した北海道大の名和豊春学長(同大HPより)

 北海道大(札幌市)の名和豊春学長(65)は8日、同氏の職員へのパワーハラスメント疑惑を調査していた北大の学長選考会議が解任を相当とする結論を出したとの報道を受け「パワハラと評価される行為に及んだ事実はない」とのコメントを発表した。

 コメントは代理人弁護士を通じて発表。「大声で叱責する、机を何度もたたくなど、(選考会議の下に設置した)調査委員会が認定したような事実は覚えがない。証拠とされる録音データは代理人も聴取したがその中にもない」と主張した。その上で調査委が弁解の聴取を書面でも口頭でも一切行うことなく調査を終えたと訴えている。

 北大広報課は「内容を確認していないのでコメントできない」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ