PR

ニュース 社会

山形の小学校敷地内にクマ出没

 8日午前8時ごろ、山形県白鷹町鮎貝の町立鮎貝小学校の敷地内で、クマが歩いているのを教員が目撃し、学校が長井署に通報した。通学時間と重なり、校内にも児童や教員がいたが、けが人はなかった。

 長井署や鮎貝小によると、クマは体長約1メートル。学校は山の麓にあり、クマは体育館付近を歩いた後、近くの林に走り去った。学校はプールの授業など校外活動を見合わせ、集団下校とした。

 長井署はパトカーで警戒し、住民に注意を呼び掛けた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ