PR

ニュース 社会

父親、河川敷で首つり死亡 冷蔵庫に女子大生遺体

女子大生の遺体が冷蔵庫から見つかった和菓子店に掲示された張り紙=7日午前、東京都荒川区
女子大生の遺体が冷蔵庫から見つかった和菓子店に掲示された張り紙=7日午前、東京都荒川区

 7日午前0時50分ごろ、東京都荒川区東尾久の和菓子店の冷蔵庫内で、近くに住む大学生、木津いぶきさん(18)が死亡しているのが見つかった。警視庁尾久署によると、この店を経営する父親の英喜(ひでき)さん(43)が家族にいぶきさんの殺害をほのめかした後、所在不明になっていたが、同日早朝にさいたま市内で遺体で見つかった。英喜さんは木に首をつっており、自殺とみられる。

 同署は死体遺棄事件として捜査。いぶきさんの首には絞められたような痕があり、司法解剖して死因を調べるとともに、英喜さんがいぶきさんの死亡に関与したとみて詳しい経緯を調べている。

 同署によると、6日午後6時35分ごろ、いぶきさんの弟から「お父さんが自殺しようとしている。お母さんが電話で止めている」と110番通報があった。英喜さんは「手首を切った。川に沈んで死ぬ」などと話していたという。英喜さんの所在が分からなかったため、母親が同署に相談していた同7時ごろ、自宅には「娘を菓子店で切った。死にたい」と電話があった。

 いぶきさんと英喜さんを捜していた署員が翌7日午前0時50分ごろ、和菓子店の業務用冷蔵庫内でいぶきさんを発見。冷蔵庫は幅140センチ、奥行き73センチ、高さ85センチで、いぶきさんは丸まった姿勢で入れられていた。目立った切り傷や刺し傷はなかったという。

 一方、英喜さんは同4時45分ごろ、和菓子店から北に30キロほど離れたさいたま市岩槻区の元荒川の河川敷で、木に首をつった状態で死亡しているのが見つかった。同区内には英喜さんのバイクも残されており、同署は移動に使用したとみている。遺書は見つかっていない。

 いぶきさんは両親と弟の4人暮らしで、6日は朝からアルバイトのため外出したが、アルバイト先を訪れていなかった。英喜さんは午前7時ごろから仕事に出ていた。

 近くに住む自営業の女性(71)は「子煩悩なお父さんで、家族間のトラブルは聞いたことがない。娘さんにはバレエを習わせて大切に育てていたようなので、本当にショック」と肩を落とした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ