PR

ニュース 社会

中2死亡で母親「悔しく、許せない」 市教委はトラブル把握せず

事件を受け記者会見を開いた所沢市教育委員会の幹部ら=6日、所沢市役所(竹之内秀介撮影)
事件を受け記者会見を開いた所沢市教育委員会の幹部ら=6日、所沢市役所(竹之内秀介撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 5日午後4時50分ごろ、埼玉県所沢市の住宅の玄関先で、近くに住む同市立中学校2年の本郷功太郎さん(13)が血を流して倒れているのを訪れた同じ中学の同級生が見つけ、近隣住民を通じて通報した。本郷さんは上半身の複数箇所を刺されており、病院に搬送されたが、6日未明に死亡が確認された。埼玉県警は同日、殺人未遂の疑いでこの家に住む同級生の少年(14)を逮捕した。「刺したことは間違いない」と容疑を認め、「教科書のことでけんかになった」と供述している。

 逮捕容疑は5日午後4時50分ごろ、所沢市の自宅で本郷さんの腹などを刃物で刺して殺害しようとしたとしている。少年は当初、駆けつけた警察官に、本郷さんが「自殺した」と説明していたが、その後、刺したことを認めた。県警は、殺人容疑に切り替えて詳しい経緯や動機を調べている。

 県警によると、事件当時、少年宅には2人と、少年と同居する祖母がいた。少年は本郷さんら友人と期末テストの勉強をする予定で、別の同級生の友人が少年宅を訪れた際、玄関先で倒れている本郷さんを発見した。県警は、一緒に勉強していてけんかになったとみている。

 事件を受け、所沢市教育委員会の内藤隆行教育長らが6日、市役所で記者会見し、「生徒間のトラブルは把握していなかった」と説明した。

 一方、死亡した本郷さんの母親は6日、報道各社に対し「大切に育ててきた息子との突然の別れがいまだに信じられません。なぜ、息子がこのようなことに遭わなければならなかったのか、ただただ悔しく、犯人を許せない気持ちでいっぱいです」とのコメントを出した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ