PR

ニュース 社会

酒気帯び容疑で米兵逮捕 沖縄、嘉手納基地所属

 沖縄県警那覇署は6日、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、米空軍嘉手納基地(沖縄県嘉手納町など)所属の上等兵、イスラエル・モラレス容疑者(24)を現行犯逮捕した。署によると、「酒は飲んだが、アルコールは(体に)残っていないと思っていた」と供述している。

 逮捕容疑は、6日午前8時5分ごろ、那覇市牧志1丁目の県道で、酒気を帯びた状態で乗用車を運転したとしている。

 パトロール中の署員が、一方通行の市道で逆向きに止まっている不審な乗用車を見つけ、近づこうとすると県道まで走って再び停車した。職務質問をしたところ、運転していたモラレス容疑者から酒の臭いがし、呼気から基準値の約4倍のアルコールが検出された。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ