PR

ニュース 社会

7pay、複数IDで73万円分決済 中国籍男ら他店でも詐取か

セブン-イレブンで使えるスマートフォン決済「7pay」のアプリ画面
セブン-イレブンで使えるスマートフォン決済「7pay」のアプリ画面

 スマートフォン決済サービス「7pay(セブンペイ)」の不正使用事件で、中国籍の張升容疑者(22)=詐欺未遂の疑いで逮捕=が電子決済したたばこカートリッジは、1店舗で計146カートン(総額73万円)に上ることが5日、警視庁新宿署への取材で分かった。

 7、8人分のIDとパスワードを使用していたことも判明。ワン・ユンフェイ容疑者(25)=同=は車を準備しており、車内からさらに19カートンが見つかった。他の店で詐取された可能性があるという。

 両容疑者は「指示のあった人物から報酬を約束された」と説明。大がかりな国際的組織が関与している可能性があり、警視庁は実態解明を進める。

 新宿署によると、張容疑者は東京都新宿区歌舞伎町のセブン-イレブン店舗で146カートンを決済した。同署は1店舗で大量の決済ができた経緯も調べる。両容疑者は146カートンのうち、都内の40代男性のIDで購入しようとした40カートン(計20万円)分の詐欺未遂容疑で逮捕された。同署は5日、両容疑者を送検した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ