PR

ニュース 社会

偽ナイキシューズ売却疑い 男2人逮捕、北海道警

押収されたナイキのバスケットシューズ「エア・ジョーダン」などの偽物=2日、札幌市(北海道警提供)
押収されたナイキのバスケットシューズ「エア・ジョーダン」などの偽物=2日、札幌市(北海道警提供)

 北海道警手稲署は、ナイキのバスケットシューズ「エア・ジョーダン」などの偽物を、リサイクルショップに売ったなどとして、商標法違反の疑いで、団体職員、伊勢谷怜士容疑者(26)=北海道厚沢部町南館町=と、会社員、柴崎淳也容疑者(28)=函館市梁川町=の2人を逮捕した。いずれも「偽物だとは知らなかった」と容疑を一部否認している。

 逮捕容疑は、伊勢谷容疑者は4月19日、札幌市内のリサイクルショップの系列店5店舗で偽スニーカー計10足を計44万6000円で売却。柴崎容疑者は同23日、札幌市手稲区の系列店舗で14足を売却しようと所持したとしている。柴崎容疑者がナイキのスニーカーを売却しようとした際、系列店が伊勢谷容疑者から既に同様のスニーカーを購入、立て続けに持ち込まれたことを不審に思った店が通報した。メーカーの鑑定でいずれも偽物と判明し、2人を逮捕した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ