PR

ニュース 社会

ゲームソフト改竄容疑 会社員逮捕、法改正後初

 新潟県警三条署は1日、ゲームソフトのデータを改竄(かいざん)して販売したとして、不正競争防止法違反(改造代行)の疑いで同県三条市の会社員の男性(39)を3月に逮捕していたと明らかにした。県警によると、昨年11月の法改正で新たにデータが対象となっており、摘発は全国で初めて。

 逮捕容疑は、今年1月中旬、自宅で携帯型ゲーム機「ニンテンドー3DS」の「ポケットモンスターウルトラサン」と「モンスターハンター4G」のソフトのデータを書き換え、インターネット上で計約1万2千円で販売した疑い。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ