PR

ニュース 社会

首絞められた痕なく、背中に打撲痕 東京・歌舞伎町の女性遺体

 30日午前8時45分ごろ、東京都新宿区歌舞伎町のマンションで、管理人から「女性が倒れている」と119番通報があった。警視庁捜査1課によると、マンション2階の通路で、電気コードが首に巻きついた状態で倒れている30代とみられる女性を発見。女性はその場で死亡が確認された。女性の首には強く絞められたような痕はなく、背中に打撲痕があった。捜査1課は女性の身元の確認を急ぐとともに、事件と自殺の両面から捜査している。

 捜査1課によると、マンションを訪れた男性が倒れている女性を発見し、管理人を通じて通報。女性は外出着姿で、着衣に目立った乱れはなく、ブーツを履いていた。

 6月29日午後10時ごろには、マンション2階の通路で女性のものとみられる財布を住人が拾っており、現金や運転免許証などが入っていた。女性はマンションの住人ではないとみられる。

 現場はJR新宿駅から北東に約600メートルの飲食店やラブホテルが立ち並ぶ繁華街の一角。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ